業績@

学術論文

92. 長時間の視覚探索による大脳皮質の活動の変化(Health and Behavior Sciences11(2))(2013)
91. Beta band patterns in the visible and masked sections of the coincidence-anticipation timing task(Neuroreport,24-1)(2013)
90. 見越し反応課題における学習効果について−予測時間およびβ波帯域を指標としての検討−(Health and Behavior Sciences 10 (2), 101-107)(2012)
89. 乳幼児の発育発達にともなう脳波の出現様式の変化(Health and Behavior Sciences 9 (2), 189-195)(2011)
88. 見越し反応課題における可視部と遮蔽部の比率変化が大脳皮質の活動に与える影響−可視部区間における検討−(Health and Behavior Sciences 9 (2), 167-172)(2011)
87. 高強度運動負荷が大脳皮質の活動に与える影響−選択反応課題を用いた検討−(Health and Behavior Sciences 9 (2), 137-145)(2011)
86. 見越し反応課題におけるタイミング反応の正確性と脳波成分の関係(Health and Behavior Sciences 9 (1), 17-22)(2010)
85. 高強度運動負荷が大脳皮質の活動に与える影響 −安静状態と単純反応課題を用いた検討−(Health and Behavior Sciences 8 (2), 63-73)(2010)
84. 下方移動視標を用いた見越し反応課題の適時反応時と非適時反応時における脳活動(Health and Behavior Sciences 8 (2), 57-62)(2010)
83. 運動熟練者における運動関連脳電位の脳内発源部位の特徴−ダイポール推定法による分析−(Health and Behavior Sciences 7 (2), 67-73)(2009)
82. 見越し反応に関与する局面ごとの脳活動(Health and Behavior Sciences 7 (2), 53-58)(2009)
81. 下方移動視標を用いた見越し反応に関与する大脳皮質の活動様式(Health and Behavior Sciences 7 (1), 7-12)(2009)
80. 単純反応課題およびオドボール課題時の脳活動様式の比較―β波成分からの検討―(Health and Behavior Sciences 6 (2), 43-48)(2008)
79. 動視標の移動方向の違いによるタイミング制御に関与する脳活動の検討(Health and Behavior Sciences 6 (2), 37-42)(2008)
78. 視覚オドボール課題時の脳内興奮伝達様式と反応の遅速による検討(Health and Behavior Sciences 5 (2), 51-57)(2007)
77. タイミング制御課題における脳波成分の出現様式(Health and Behavior Sciences 5 (2), 45-50)(2007)
76. IT社会と子供の脳(高知県小児科医会会報 20, 3-16)(2006)
75. コンピュータが子どもの脳に及ぼす影響−前頭前野の活動−(小児心身症研究 13, 15-22)(2005)
74. コンピュータゲームと前頭前野(Clinical Neuroscience 123 (6), 695-698)(2005)
73. 継続的なジョギング運動に伴う運動後の下肢筋領域における皮膚温度回復と血中乳酸の関係(日本サーモロジー学会誌 25 (1), 75-80)(2005)
72. IT社会と子どもの脳 −ゲーム脳, ケータイ脳−(Health and Behavior Sciences 3 (2), 87-95)(2005)
71. 単純反応における脳内興奮伝達様式と反応の遅速による検討(Health and Behavior Sciences 3 (2), 59-67)(2005)
70. タイミング課題時における脳活動(Health and Behavior Sciences 3 (2), 49-57)(2005)
69. 脳の発達と子どもの遊び(第8回野外伝承遊び国際会議報告書 野外伝承遊びの意義と現状)(2005)
68. Long-term physical exercise and somatosensory event-related potentials(Exp. Brain Res. 160 (4), 528-532)(2005)
67. 運動競技者における体性感覚誘発電位の出現様式(Health and Behavior Sciences 3 (1), 11-16)(2004)
66. テレビゲームが前頭前野におよぼす影響(環境ホルモン学会 第13回講演会テキスト−神経発達と行動−)(2004)
65. アスリートとノンアスリートの運動関連電位(臨床脳波46 (8), 473-478)(2004)
64. テレビゲーム依存症と前頭前野(Clinical Neuroscience 22 (6), 710-712)(2004)
63. 運動の熟練と脳の可塑性 (運動と脳)(体力科學 53 (1), 53)(2004)
62. 運動経験の違いが体性感覚情報処理過程に及ぼす影響(Health and Behavior Sciences 2 (2), 5-13)(2003)
61. The relationship between computer game playing and electroencephalographic activity of the prefrontal cortex(Health and Behavior Sciences 2 (1), 59-69)(2003)
60. ゲーム脳と集中する力(児童心理 57 (5), 489-495)(2003)
59. 「ゲーム脳から子供を守ろう」(サインズオブタイムズ 102 (2), 24-29)(2003)
58. 脳波成分からみた運動時における脳波の覚醒効果(体育の科学 52 (12), 960-965)(2002)
57. テレビゲームと前頭前野の機能低下(Health and Behavior Sciences 1 (1), 59-61)(2002)
56. テレビゲームがおよぼす脳活動低下の恐怖 〜大脳皮質の前頭前野〜(東京都歯科医師会雑誌 50 (5), 255-262)(2002)
55. テレビゲームが脳を壊す!脳波分析データが示すその驚くべき実態(デンタルダイヤモンド 27 (15), 150-155)(2002)
54. 踏台昇降運動における大腿四頭筋の酸素動態について (近赤外線分光法によるパターン分析)(千葉体育学研究26, 21-28)(2002)
53. サーモグラフィを用いたベッドから車椅子への移乗介護動作における上半身の筋活動の研究(介護福祉学 8 (1), 9-15)(2001)
52. Two types of movement-related cortical potentials preceding wrist extension in humans(Neuroreport 20; 12 (10), 2221-2225)(2001)
51. 高齢者の反応性運動関連脳電位(桜門体育学研究 35, 9-16)(2001)
50. 脳波による痴呆の解析(認知神経科学 3 (1), 15-48)(2001)
49. 環境温度とランニング負荷における下肢筋領域の皮膚温度分布の関係(Biomedical Thermology 20 (3), 67-75)(2000)
48. ラベンダーの匂いが体性感覚誘発電位におよぼす影響(日本味と匂学会誌 7 (3), 451-454)(2000)
47. ワサビによる頭皮上からの脳電位分布の変化(Aroma research 1 (3), 50-54)(2000)
46. O脚肢の歩行運動と皮膚温度分布の関係(柔道整復・接骨医学会 9 (1), 3-12)(2000)
45. 大学教養教育における授業科目としての健康科学に関する検討(Health Sciences 16 (2), 153-164)(2000)
44. 上肢神経切断後における大脳皮質運動野からの誘発電位の変化(研究紀要−日本大学文理学部人文科学研究所− 59, 227-236)(2000)
43. サーモグラフィを用いた下腿の運動負荷と筋活動部位の皮膚温の研究(Biomedical Thermorogy 18 (3), 168-175)(1998)
42. ネコ正中神経切断後の機能回復と大脳皮質運動野の可塑性(J. Physical Medicine 9 (2), 136-145)(1998)
41. Cortio-cortical connection from Somatosensory area to the motor area of the cortex following peripheral nerve lesion in the cat(Neuroreport 18, 3723-3726)(1997)
40. サーモグラフィを用いた運動負荷と筋活動部位の皮膚温の研究(Biomedical Thermorogy 17, 13-16)(1997)
39. The ipsilateral and contralateral connections of the fifth somatosensory area (SV) in the cat(Neuroreport 13, 158-166)(1997)
38. 大脳皮質運動野および体性感覚野から脊髄への出力系について−HRP法による研究−(研究紀要−日本大学文理学部人文科学研究所− 50, 153-166)(1995)
37. 体操競技の跳馬におけるひねりと着地の研究(日本体育協会スポーツ医・科学研究報告書, No. U 競技種目別 競技力向上に関する研究 第16報 135-243)(1993)
36. Low-threshold motor effects produced by stimulation of the facial area of the fifth somatosensory cortex in the cat(Brain Res. 602, 143-147)(1993)
35. 特集: スポーツと脳電図,呼吸と脳電位(Japanese Journal of Sports Sciences 10 (8), 536-539)(1992)
34. 体操競技のゆか運動における後方伸身宙返りひねりについての分析(日本体育協会スポーツ医・科学研究報告書, No. U 競技種目別 競技力向上に関する研究 第15報 166-173)(1992)
33. Fifth somatosensory cortex (SV) representation of the whole body surface in the medial bank of the anterior suprasylvian sulcus of the cat(Neuroscience Research 11, 198-208)(1991)
32. Cortical potentials associated with voluntary biting movement in humans(Neuroscience Research 10, 285-289)(1991)
31. 体操競技の着地に際しての下肢筋の活動(日本体育協会スポーツ医・科学研究報告書, No. U 競技種目別 競技力向上に関する研究 第14報 361-370)(1991)
30. ヒトの歯牙の機械的刺激による体性感覚誘発電位(BRAIN and NERVE 43 (2), 163-168)(1991)
29. 体操競技における股関節の可動と下肢筋および体幹筋の放電様式(日本体育協会スポーツ医・科学研究報告書, No. U 競技種目別 競技力向上に関する研究 第13報 229-238)(1990)
28. 体操競技における宙返りとひねりの反射生理学的知見(研究部報 64, 6-11)(1990)
27. Physiological properties and patterns of projection in the cortico-cartical connection from the second sometosensory cortex to the motor cortex, area 4γ, in the cat(Brain Res. 504, 206-210)(1989)
26. ヒトの閉口運動に先行する脳電位(脳波と筋電図 17 (4), 387-390)(1989)
25. Distribution of movement-related cortical potential upon jaw-biting in humans(Journal of Nihon University School of Dentistry 31 (3), 518-525)(1989)
24. ソウル・オリンピック日本代表男子選手の体力(研究部報 62, 56-59)(1989)
23. 体操競技における柔軟性(日本体育協会スポーツ医・科学研究報告書, No. U 競技種目別 競技力向上に関する研究 第12報 269-279)(1989)
22. 体操競技における動的バランス −股関節の可動域について−T. 男子選手の他動的および自発的柔軟性(日本体育協会スポーツ医・科学研究報告書, No. U 競技種目別 競技力向上に関する研究 第11報 259-271)(1988)
21. 前庭および体性感覚受容器からの視床への投射様式(日大歯学雑誌62, 56-64)(1988)
20. 軽度痲酔ネコにおける前庭器官と顔面域からの視床入力(Jpn. J. Oral Biol. 29, 574-583)(1987)
19. T. あん馬の開脚旋回 U. 平均台の前後大開脚とび(日本体育協会スポーツ医・科学研究報告書, No. U 競技種目別 競技力向上に関する研究 第10報 335-353)(1987)
18. 着地トレーニングに関する今後の課題(研究部報 58, 5-16)(1987)
17. ’86 ワールド・カップ北京大会報告(研究部報 57, 1-16)(1986)
16. 第1 (SI) と第5 (SV) 体性感覚野への視床からの投射様式 −HRP法による研究−(Jpn. J. Oral Biol. 28, 288-296)(1986)
15. 旋回運動と呼吸リズムについて(研究部報 55, 42-46)(1985)
14. Motor effects produced by stimulation of secondary somatosensory (SII) cortex in the monkey(Exp. Brain Res. 58, 440-442)(1985)
13. 旋回運動と呼吸リズムの関係(研究部報 54, 36-41)(1984)
12. Low threshold motor effects produced by stimulation of area preinsularis (2 pr. i) of the secondary sensory cortex in the cat: input-output relationships(Exp. Brain Res. 51, 108-116)(1983)
11. Pattern of projection and physiological properties of cortico-cortical connections from the posterior bank of the ansete sulucs to the motor cortex, 4γ in the cat(Exp. Brain Res. 48, 335-344)(1982)
10. Input-Output relationships in cat's motor cortex after pyranidal section(J. Neurophysiol. 46, 674-703)(1981)
9. 脳幹網様体を経由する種種の誘発電位とそれらの呼吸性変動(脳波と筋電図7, 230-240)(1979)
8. Change in H wave's amplitude by respiration in partial block of the tibial nerve(Nihon Univ. J. of Medicine 20, 359-367)(1976)
7. Relation between 45Ca uptake and temperature in the isometric contraction of the skeletal muscle(Nihon Univ. J. of Medicine 19, 71-83)(1976)
6. Relation between respiratory Phase and H wave's amp-litude in the spinal reflex(Nihon Univ. J. of Medicine 18, 291-303)(1976)
5. Relation between the muscle tempurature and twitch tension of the skeletal muscle(Nihon Univ. J. of Medicine 18, 151-167)(1976)
4. 課電式事故器の発生する高電圧インパルスの生命に対する危険性 −ウサギについての実験と文献的考察−(東京電力病院医報 3, 83-94)(1973)
3. A nerve action potential recorded with close bipolor electrodes III; The conduction velocities of the faster fibers(Nihon Univ. J. of Medicine 14, 197-202)(1972)
2. 運動負荷による白筋線維と赤筋繊維の分布と横断面積の変化(桜門体育学研究 6, 15-26)(1971)
1. 電紋について −臨床例と動物実験−(慶応医学雑誌 49, 51-59)(1971)

ページ上に戻る