著書一覧

ネトゲ脳、緊急事態〜急増する「ネット&ゲーム依存」の正体〜(2012)

IT先進国では、“ネット&ゲーム”依存が深刻化しています。 自殺や殺人にまでエスカレートしてしまう衝撃的な青少年事件が後を絶ちません。 そのため、国を挙げての対策に精力的に乗り出しています。
携帯電話やスマートフォンの普及が急速に進むなか、日本でも“ネトゲ依存”が急増しています。 “ネトゲ依存”がもたらす悪影響とは…。
最先端の脳科学研究を基にゲーム&ネット依存に警鐘を鳴らす書籍。

元気な脳のつくりかた 人間らしさを育んで、すてきな大人になるために(2006)

テレビゲームやインターネット、携帯、ビデオ、テレビに夢中になって、内にこもりがちな子どもたち。そうした子どもたちにこそ、読んでほしい1冊。
養護教諭の先生方のご要望におこたえして「ゲーム脳の恐怖」(NHK新書)の著者が、子どもたちのために平易な言葉で、脳の仕組みやゲームによる影響、生活リズムを整えて脳を元気にさせる方法等をやさしく説明しています。
学校での生活指導に役立ちます。キレない脳をつくるためにも、ぜひ本書をお読みになってください。

ITに殺される子どもたち―蔓延するゲーム脳(2004)

インターネット、携帯電話、コンピュータゲームは脳の働きをこんなに低下させる!
脳科学者が突き止めた衝撃の最新データ初公開
ネット社会の恐怖
小学生にコンピュータは百害あって一利なし

ゲーム脳の恐怖(2002)

子供たち、若者たちに蔓延するテレビゲーム。
著者は、脳への恐るべき影響を、脳波計測データを解析し、明らかにした。意欲、判断、情動抑制など、人間らしさを保つために重要な働きをする前頭前野(ぜんとうぜんや)が、ゲーム漬けで危機に瀕している。どうすれば回復させられるか。脳生理学者からの警告。

※本書は韓国と台湾でも出版されています
(韓国2003初版、台湾2005初版)